生き生き100坪実験農場 就農の足掛かりに 長野・伊那

長野県伊那市の農産物直売所「産直市場グリーンファーム」と周辺の土地所有者らが、「生き生き100坪実験農場」を開始する。農業を目指す団塊世代、そして農業に関心のある若い人たちが、本格的に就農するまでの足掛かりとして利用してもらうことが狙い。

スポンサードリンク

生き生き100坪実験農場 就農の足掛かりに 長野・伊那

長野県伊那市の農産物直売所「産直市場グリーンファーム」と周辺の土地所有者らが、「生き生き100坪実験農場」を開始する。
農業を目指す団塊世代、そして農業に関心のある若い人たちが、本格的に就農するまでの足掛かりとして利用してもらうことが狙い。

生き生き100坪実験農場 就農の足掛かりに 長野・伊那

この「生き生き100坪実験農場」は、農地法などの規制があるため市民農園形式で行い、自家消費が基本となるそうですが、
余剰生産物をグリーンファームで直売する、というシステムを作るのだそうです\(~o~)/

実験農場では農園を利用する方が自由に様々な野菜を栽培するのですが、原則は
「無農薬無化学肥料栽培」
となっているそうです。
栽培技術や農業全般について講習会や研究会を開いて、信州大学農学部や上伊那農業改良普及センターなどからの栽培の指導、そして情報提供なども予定している、とのこと。

「産直市場グリーンファーム」の小林代表は
「こうした取り組みは全国的にも初めてと思う」
と話していらっしゃいます。

どうしてこのような「実験農場」に取り組まれたのでしょうか?

その背景として小林代表は、
「従来の行政やJA主導の新規就農支援事業が、比較的大規模な専業農家の育成を目的にしていると思われることや、その結果農産物の販路は農協出荷を軸にしている」
ことを挙げていらっしゃいます。

「いきなり大きな土地を借りて就農することは無謀。新規就農で経営が成り立つのは厳しい」
と指摘。そして
「自家消費と余剰生産物の直売所での直販で、どのようなことが実現可能なのか実験する」
としていらっしゃいます。

実験農場は当面、「生産者の会」の会長、そして副会長の方が、所有する農地約1100坪を用意しているとのこと。
農園利用料は―
1口100坪、年間5000円。

あらかじめ農地を管理している方が大型トラクターで起耕したその上で、利用者が各専用区画を責任を持って利用していく。

「生産者の会」の方からは、
「100坪といっても、結構大変な作業になると思う」
と話しておられ、100坪でどの程度の労力と生産が可能なのか、利用者に実感してもらうそうです。

実験農場利用の参加資格は―
・趣旨に賛同して農業に挑戦してみようという意思のある人
・1シーズンを通して畑作農業を行うことができる人
・各種専門家による野菜作り講座などを同時進行するので「全くの素人でも可」といいます。

さらに―?
農園利用者の中から栽培実績や野菜の出来栄えなどの優秀な人には
奨励金を贈ることも計画していらっしゃるそうですよ\(~o~)/。

このニュースを知って、「あっ!そうか」と改めて気付かされました。
最近、JAでの「新規就農講座」が各地で開講している、というお知らせを当ブログでも発信させていただいているのですが…
JAさんの「就農」というのは、大規模な専業農家の育成を目的とした、主に規模が大きいものを対象としているのですね。
その収穫した野菜の販売も「農協出荷を軸」としたものになるのは…
考えたら“当たり前”?なのかもしれませんね。

この実験農場での割り当て区画は、“100坪”。
今からスタートする、個人の方には、これでも広い!と、戸惑いを感じるかもしれませんね^^;

無農薬・無化学肥料栽培での野菜作りを、講習会や研究会・栽培の指導を仰ぎ、
まずは、自家消費と余剰生産物の直売所での直販からのスタートを!

この、「生き生き100坪実験農場」は、農業の楽しさ・大変さを
“まずは、ここから”体験するのに、名実ともに ぴったり?な
「実験農場」ではないでしょうか。

参考:ますみケ丘に実験農場 就農の足掛かりに 

関連:産直市場グリーンファーム http://www.green-farm.info/

▽生き生き100坪実験農場 就農の足掛かりに 長野・伊那 のキーワード

▽次の記事、前の記事

夕日寺里山食堂 春の野草! 夕日寺健民自然園 石川・金沢 | 滞在型市民農園 “ほぼ完成”すでに人気! 徳島・東みよし

スポンサードリンク

田舎暮らし、のほほん。:新着記事

田舎暮らし 空き家 で体験 モデルツアー スタート 石川 ・ 珠洲
石川県珠洲市 で、珠洲(すず)市内の 空き家 に滞在しながら 田舎暮らし を 体験 するという ツアー がスタートしたそうです!この 田舎暮らし体験 モデルツアー は、珠洲市のNPO法人「能登すずなり」さんが実施するものだとか。
移住支援 『関西から鹿児島へ』 鹿児島
鹿児島県 鹿児島市 のNPO法人「 かごしま企業家交流協会 」。主に関西から鹿児島県内への企業誘致を 支援 しているそうですが、持っているネットワークやノウハウを生かして Iターン や Uターン 等、人の 移住 の サポート もはじめるだそうです(^^)/
企業の農業参入 社員が農業体験活動 ノウハウ学ぶ
NTTコミュニケーションズ さんも 農業分野への参入を計画されているのですね。社員 さんたちが、果物や野菜の生産体験活動をスタートさせたそうです!また、農業のノウハウを蓄積して、農家や食品流通業への経営コンサルティングに役立てる、という狙いもあるのだとか。
空き家バンク 制度 スタート! 兵庫 ・ 豊岡
空き家バンク の制度が、兵庫県豊岡市 でもスタートしたそうです。同時に、 移住を希望するみなさんが 田舎暮らし を一定期間 体験 できる「 田舎暮らし体験施設 」を豊岡市但東町中山に開設した、とのこと(^^♪
平屋 の 間取り の参考に! ミサワホームのプラン
新しく 平屋 のお家を建てたい!と考えたとき、その 間取り は、どんなものが 理想的なのか? プランの参考になる 間取り図 は?なんて、とにかく「 参考になる情報 」がたくさん欲しいですよね?
マルシェ ジャポン 産直 食材市場 スタート
マルシェ・ジャポン が、全国の街なかで続々とオープンしています。マルシェジャポン とは、野菜 や果物などの新鮮な食材を直接 生産者 から購入できる市場 で、農林水産省が立ち上げた、都市住民参加型 のあたらしい取り組み。
田舎暮らし交流体験 バスツアー 静岡 ・ 浜松
静岡県浜松市 では、田舎暮らし を 体験 してみたい!みなさんを対象とした「 田舎暮らし交流体験バスツアー 」を企画!参加者を募集している、とのこと。浜松市の山間地では、過疎が悩みだそうで、市では 定住者 の誘致に力をいれているとか。
新規就農者支援 講座 開講中! 兵庫 南あわじ 淡路島
新規就農者 ステップアップ講座 ― 兵庫県 南あわじ 市内で 淡路島内で 新規就農 を目指す人を対象にした 講座 が開講中、とのこと。
古民家 改修作業 住民ら集う 宿 に 長野 ・ 飯田
Iターン をし、田舎暮らし に興味がある方なら、きっと 古民家 での暮らしにも関心をお持ちではないでしょうか?長野県飯田市 に Iターン したご夫婦が 築200年という木造の 古民家 の改修に取り組み始めた、とのこと!
移住 希望者用 貸出住宅取得へ 島根 益田
島根県 益田市 匹見町 への Iターン を希望するみなさんが中期的に滞在できる 住宅 を提供するための住宅取得に踏み切ったそうです

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!